NNNの日記

ぐしゃぐしゃに丸めてゴミ箱に放った紙屑に書かれたような誰も読むはずのない文章

2022年6月26日

歌はくだらない。歌は言葉がある分、音楽よりも単純になる。今日、午後にレジャーに出かけたとき、行きの車でテキトーなJ-POPをかけて、セカオワとか髭ダンの聴いたことない歌を聴いてたら、そんなの聴きたくないと妻に言われ、あなたは今、福山雅治の「家族…

2022年6月12日

Tanz Walzerくるりオルタナティブ¥2241 くるり『ワルツを踊れ』がリリースされた2007年、僕は大学2年生だった。2022年6月12日の今日、妻の誕生日会としてチーズタッカルビと、スルメイカのバターポン酢焼きを作りながら、くるり『ワルツを踊れを』を聴いたら…

2022年6月10日

今日の昼に外へ出たら気持ちのよい天気で、木の葉の緑はみずみずしく、ベンチに座ってゆっくり空を見上げながら季節を感じたかったけど、周りの目が気になるからやめた。「え、なにしてんの?」っていう周りの目が。 朝起きたら、民放のニュースを妻がつけて…

2022年5月28日

昨晩は中心街に飲みに行って、深夜4時くらいに帰ってきた^^ 朝起きたらもう昼の12時だった^^ 妻はめちゃくちゃ不機嫌だった^^ 挽回するためにお昼を作った。妻が冷蔵庫に何もないから、なんか買ってこないとと言ったけど、僕は冷蔵庫を見て、パスタと…

2022年5月27日

今は夜中の0時20分で5月27日になったばかりだ。5月27日になったばかりなのに、2022年5月27日という日付を題して日記を書くので、だいぶ観念的な内容になる。 野球が好きになってから、身体を動かすことや、身体そのものの大切さに気づいた。運動に興味が薄か…

2022年5月22日

9時に起きて、トーストにマーガリンといちごジャムを塗って食べた。 顔を洗って、髭を剃り、眉毛を整えて、歯を磨いて、歯間ブラシまでした。 革靴を二足磨いた。ワイシャツを洗った。なぜこんなにも身の回りを綺麗にするかというと、休日にゴロゴロしている…

2022年5月1日

昨日は八戸公園という遊園地に遊びに行った。ダボっとしたピンク色の木の花が満開で、桜のように綺麗だった。その花の名前がすごく気になったけど、検索ワードでうまく引っ掛からなかった。花の名前を検索するのは難しい。 家族4人で観覧車に乗った。コナン…

2022年4月20日

深夜12時前に帰宅して、シャワーしてビール飲んでご飯を食べてから、シンクに山積みの茶碗やコップや箸やスプーンや弁当箱、フライパン、炊飯器の内釜などを切り崩しておかないと明日の朝に大変だと思い、酔い心地で皿を洗った。 皿を洗うときは音楽を聴く。…

2022年4月18日

朝、通勤で車を走らせていると、桜並木の花がほぼ満開に開花していた。天気も良くて暖かく、労働抜きで考えると文句なしで気持ちのいい春の朝だった。 労働というのは本当に辛いものだ。それでも、仕事を一緒にする仲間とは楽しく助け合っていきたいものだ。…

2022年4月9日

ブログの日記で自分の感情などを書き留めておきたい思うけど、昨今の自分の元になる事情が公開するわけにいかないことなので結局書けなかったりする。 そもそも年度末と年度初めは仕事が忙しすぎて、ツイッターをする余暇時間もないほどだったりする…。 今日…

2022年3月27日

仕事が終わらないまま金曜日に送別会で飲みにいったので、日曜日だけど仕事に行った。 エクセルで資料を作りながら、塗り潰しの色を黄色と青にしたら、期せずしてウクライナカラーになった。 お昼にコンビニで買ったカップ麺とおにぎりを食べた。ブラインド…

2022年3月19日

昨日(3月18日)は長女の卒園式だったので、仕事を休んで行ってきた。キリスト教の幼稚園なので礼拝堂で式をした。 育ててくれてありがとう、これからも見守っていてください、という泣かせにかかる歌を歌われて、抗いようもなく泣いてしまった。長女が生ま…

「積読を消化する」という合理化の波について

ここ2年くらいで、読書量がガクンと落ちてきた。 以前はたくさん読まないとと思って読んでたけど、前に進まなきゃと追い立てられるように、合理的・効率的に行うように、読書ってするものじゃないなと思って、そんなに頑張らなくてもいいと思ったこともある…

2022年2月27日

27日、ウクライナ情勢はいまだ収束が見えていない。 日本の、青森県の片田舎に住む僕は、国際情勢はまるでメディアの中だけで繰り広げられているだけで、自分たちの周囲には無関係であるかのように、当たり前の生活を日々営み続けている。 こんな平和な日常…

2022年2月26日

24日朝にロシアのウクライナ侵攻のニュースを新聞一面の大きな見出しで見てから、ツイートする言葉が見つからなかった。この戦争についてなにをいったところで空虚に響くような気がしたし、別なことをつぶやくと不謹慎に思えて。 でもひとつだけ、シンプルに…

あこがれ

中学生のころからずっと、ギター2本、ベース、ドラムの4人組ロックバンドへの憧れが強かったわけだが、30代になったくらいからはそれが薄れてきて、ピアノに憧れを持つようになった。 僕がロックバンドを好きだったのは、そのサウンドだけではなく、4人組ロ…

2022年2月21日

22時過ぎ、仕事帰りに二車線の県道を車で走っていると、南の空に雲に隠れたおぼろ月が浮かんでいるのが見えた。ほとんど雲に隠れていたので、空の裂け目が橙色に燃えていて、この世ならざるものだった。今夜でもう世界が終わるのではと思った。緩やかに道が…

2022年2月15日~ 政治的・社会的諸条件との関連におけるパワハラ上司~

バートランド・ラッセルの西洋哲学史Iを図書館から借りてきた。 3ページほどの原著者まえがきだけは読んだ。その上で、副題の「古代より現代に至る政治的・社会的諸条件との関連における哲学史」というのを見て、「政治的・社会的諸条件」という言葉だけで「…

2022年2月14日

日記を書き殴る。 日曜日だけど出勤の日で、22時過ぎに帰ってきて、ビールを3本も飲んでしまった。そして2月14日の24時になろうとしている。 健康を損ねながら、天寿を全うするまでの時間を消費しながら、今という時間を過ごし続けている。 でも健康や寿命を…

語られない文章について

Twitterやブログで世界中に文章を公開できるけど、語られることと語られないことがある。 僕もTwitterやブログで書いていることは、読んでる人は誰も得しないような、ほとんど自己顕示的なものだったりする。他の人からしたらゴミのようなものだ。どれだけ上…

2022年2月6日

昼に焼きそばを作ったときに、いつも買っているウインナーを切ったら、明らかにウインナーが短くなってて、原材料高騰の煽りを実感した。 そして誰のせいでこうなっているんだろうと思って、とりあえず資本家と政治家のせいにしておいた。 平民に負担を強い…

2022年2月5日

最近はクラシックやジャズばかり聴いている。ツィメルマンのショパン四つのバラードや、シフのメンデルスゾーン無言歌集など。 しかし、たまにロックを聴くとよく聴こえる。今日、昼食にチャーハンを作りつつビールを飲みながら、ペイヴメントの『Terror Twi…

2022年2月1日

真夜中に日記を書き殴る。 今日、石原慎太郎が亡くなった。僕は石原慎太郎の小説自体は読んだことはない。 もしも石原慎太郎が政治家になっていなければ、亡くなってもここまでメディアで騒がれることはなかっただろう。 仮に、昨年亡くなった小説家の古井由…

2022年1月29日

コロナがいよいよ自分の身近にも近づいてきている。 仮にオミクロンに罹ったとして、オミクロンの症状自体が恐ろしいというより、仕事が回せなくなることの方が恐ろしい。 資本主義における社会人として、完全に洗脳完了してしまっているような自分に少し嫌…

映画「ドライブ・マイ・カー」感想

ドライブ・マイ・カーという題名のとおりに、真っ赤なSAABという車が映画の中心にあった。 SAABのフロントガラス越しに、移り変わる風景。われわれ観客も、家福と渡利みさきとともに空間を移動する。 美しい瀬戸内の海。音を吸い込むような沈黙を生む北海道…

2022年1月19日「街角ピアノ 弘前」感想

NHKの街角ピアノという番組で、以前、地元の弘前が取り上げられた。その再放送を録画していたものを、2週間前くらいに見た。その感想を、なぜか今日書く。 街角ピアノは、駅や空港などに設置されているピアノを行き交う人が弾いているのを流しつつ、どうして…

2022年1月15日

コーヒーがやたらと好きになって、ついに職場でもハンドドリップをすることにして、カルディなどで買ったコーヒーの粉を職場に持って行き、ハリオのプラスチックのドリッパーでコーヒーを入れるようになった。 今まではドリップパックのコーヒーをスーパーな…

2022年1月11日

とりとめのない日記を書く。 夏目漱石の「三四郎」を角川文庫で読んでいる。iPhoneのKindleで、無料の青空文庫でダウンロードして読んでいたのだけど、この間近所のTSUTAYAに行ったときに、角川文庫の装丁がかわいらしくて欲しくなったので、つい買ってしま…

創作:喫茶ポニー(原稿用紙9枚)

喫茶ポニーは、三十年以上前には既に閉店していたという。決して開けられることのないシャッターは、すっかり赤茶色に炭化して、元の色が分からなくなっていた。触ると手に赤茶色が移り、パラパラと表面が剥がれてしまいそうだった。しかし、触れただけで崩…

縄文の土偶について

2021年7月、北海道・北東北の縄文遺跡群が世界遺産登録され、青森県において一部の界隈では縄文が盛り上がっている。 「一部の界隈」の中にはいないが、僕も縄文には思い入れがある。縄文は歴史の中で一番好きな時代だし、大学生の頃に縄文の講義をとって石…